表示サイズの画像を用意

プロパティインスペクタを使ったり、イメージタグで画像サイズを指定すれば簡単に画像の見かけ上の大きさを変えることができます。ただデフォルトのサイズを変えるということは画像の表示が荒くなるか、ブラウザに無駄に大きいデータを送り込むことになり、あまり検索エンジンやユーザのためによいことではありません。

画像を表示するときはできるだけ表示するサイズにリサイズしたデータを用意するようにしましょう。

リサイズぐらいであれば高価なデザインソフトを用意する必要はありません。フリーウェアでも探せばたくさんあります。フリーソフトで有名どころはJTrimでしょうか。

写真編集の基本的な機能はそろっているのでまだ使ったことのない人は一度手にするのをオススメします。

JTrimのダウンロードはこちら
http://www.woodybells.com/jtrim.html

JTrimはもう飽きてしまったよという人はPhotoshopやIllustratorなんてどうでしょう。30日間限定、機能制限無しの体験版がAdobeのサイトから無料でダウンロードできます。使っているうちに製品版が欲しくなってきますが、Webデザインを本格的にやるというのであれば、高くても買うというのも仕方がないかもしれません。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ