見出しタグとは

見出しタグとは、見出しを表示するために使われます。
<h1>から<h6>まであり、<h1>タグが最上位で、<h6>が最下位となります。
基本的にページの中では、<h1>タグだけは見出しとして最も重要なところに一回だけ使うのが原則です。ページタイトルのような意味で使っている人もいます。<h2>以降は何回でも使えるのですが、大見出しは<h1>、中見出しは<h2>、小見出しは<h3>のようにわかりやすい構成になるように使った方がよいでしょう。
CSSでデザインしていない状態では、<h1>が最も文字サイズが大きくなり、<h6>が最も文字サイズが小さくなります。

見出しタグはSEO上でも重要なタグなので、見出しとして続く内容にふさわしいキーワードを選ぶことが大事でしょう。デフォルトでは文字が強調表示されるのですが、検索エンジンのためにもユーザーのためにも、強調に使うべきではなく、あくまでも見出しに使いましょう。

Dreamweaverで設定する方法は簡単です
①デザインビューで、見出しにしたい文字列を範囲選択します。
②画面下部のプロパティインスペクタの「フォーマット」で見出し1~見出し6のいずれかを選びます。
③見出しとして、コードビューの方に<h1>~<h6>のタグで囲まれているはずです。

CSSを使うと、見出しタグもいろいろデザインできるのですが、バリエーションが多すぎるのでまた今度の機会にします。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ