PNGとは

PNGとは次世代のWeb画像フォーマットを目指して開発されました。Portable Network Graphicsの略称です。ライセンスをめぐる歴史的経緯よりGIFの後継ともいわれています。特徴としては可逆圧縮であり、フルカラーで高品質な画像表示が可能です。透明色も指定できます。圧縮効率はGIFよりコンパクトにできますがJPEGよりはファイルサイズは大きくなります。古いブラウザで対応していないケースがあったのですが、最近のブラウザでは少しずつ対応が進んでいて、もう何年かするとWeb画像フォーマットの標準になっているかもしれません。

PNGについて検索したら読み方が幾通りもあることがわかりました。

一番多いのは”ピーエヌジー”だそうです。

次に多いのが”ピング”だそうです。

あと、ブラウザでの対応ではGIFとPNGを比較すると様々な環境での表示の安定度はGIFの方が上で大手サイトではPNGを使わないところもあるそうです。

かつてGIFは圧縮方式の特許による利用制限のため、完全に無料でGIF形式のデータを扱うソフトを作ることは難しかったそうです。そこでPNGが開発された経緯があるのですが、PNGに完全移行する前にGIFの特許が失効してしまい、移行が中途半端の状態が続いています。画質・圧縮率などスペック上はGIFよりPNGの方が上なので将来的にはゆっくり移行していくと思うのですが、現在はGIFで間に合っているという声も少しあります。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ