JPEGとは

JPEGはインターネットで最も多く使われる画像フォーマットです。フルカラーで画像を表示します。非可逆圧縮なのでJPEG画像を編集すると画質が劣化するのが欠点です。GIFやPNGと違い透明色は扱えません。おそらく非可逆圧縮をする過程でブロックノイズが発生し、特定の透明色を正確に表現できないのが理由だと思われます。

ぱっとみたところ充分にきれいに表示できます。デジカメ、素材集でも多く扱われています。JPEGを扱う編集ソフトも機能が洗練されていて気楽に使えるというのが普及を後押ししているのかもしれません。

編集するときに最も注意しなければならないことは元となる画像データを必ず残しておくことです。JPEGファイルは編集を繰り返すと目で見てわかるくらい画質が劣化します。そのためできるだけ元となるデータから直接編集した方がきれいに仕上がります。

圧縮率により画質の劣化具合が変わります。きれいに表示したいときは、圧縮でファイルサイズを小さくしないようにした方がよいでしょう。ファイルサイズを小さくすると劣化が激しくなるからです。適度なバランスが求められます。迷ったらあまり考えず既定の設定でもいいかもしれません。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ