画像フォーマットの使い分け

画像フォーマットはその画像がきれいに表示できることとファイルサイズが小さいこと、閲覧者の環境で確実に読める形式であることが必要です。

3つの画像フォーマットを紹介しましたが、無難なのは利用者の多いGIFとJPEGを使うことです。色数の多い写真などの画像はJPEG、イラストなど色数の少ない画像はGIFでいいと思います。

実際作ってみてうまくないなと思ったときPNGにしてもよいか、または別のフォーマットでもよいか考えることになるでしょう。

言い忘れていましたが、画像フォーマットはGIF、JPEG、PNGだけではありません。ビットマップ形式、フォトショップ形式など他にも有用な形式があります。Webで使うときはこれらの形式をWebで扱える形式に変換して使わなくてはなりません。Webで扱うと劣化する場合が多いので、元の画像データは消さずに保存しておいた方がいいでしょう。

あと面倒ですが、Webで扱う画像はブラウザで表示するサイズと同じ解像度のファイルを用意すべきでしょう。それが最も軽くきれいに表示できるからです。ページの読み込み時間の大半は画像ファイルのサイズが影響します。最近ではページの読み込み時間を短くすることが検索エンジン対策でも重要とされるようになってきました。上位表示をねらう人は是非とも押さえておきたいポイントです。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ