画像の種類

かつて画像フォーマットは何十いや何百とあったのかもしれません。いろいろな形式のデータがパソコン通信のダウンロードフォーラムにアップロードされていて、画像を見るだけでも専用の特別なソフトが必要だったことがありました。インターネットの時代になっても初めのうちはTIFF形式が幅をきかせていたときもありました。今は3つに絞られてきています。それはGIF、JPEG、PNGです。どれもカラーの画像を扱えることが特徴であることは変わらないのですが、品質を求めると微妙なところで違っています。色数、圧縮の可逆・非可逆、ファイルサイズなどが主な違いです。Dreamweaverで扱う画像ファイルもインターネットの3大画像フォーマットにならいGIF、JPEG、PNGを利用することが多いでしょう。用途に応じて適切に使い分けられるようになりましょう。簡単に特徴を列挙しておきます

特徴 GIF JPEG PNG
色数 256色 フルカラー フルカラー
圧縮形式 可逆 非可逆 可逆
ファイルサイズ 小さい 最も小さくできる 少し大きめ

●その他の特徴
・GIF
文字やくっきりとした線の描画に向く。
・JPEG
写真に向く。
・PNG
ファイルサイズが大きくても高品質な表示を行いたいときに向く。

●その他の事項
圧縮形式で非可逆・可逆という表現を使っていますが、これは原本となる画像を圧縮したときに画質が劣化するものを非可逆圧縮、劣化しないで忠実に表示できる物を可逆圧縮といいます。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ