ファイルを作る5つの方法

新規にHTMLファイルを作る方法をお伝えします。ここでは5種類紹介します。しっくりくるものを選んで使えるようになります。

①「ファイル」メニューから「新規作成」
②「スタートアップ」画面から「新規作成」
③「CTRL」+「N」キー
④「ファイル名表示タブ」の何もないところから「右クリック」「新規作成」
Untitled-Xと表示された編集画面ができます。
①から④は後でファイル名をつけて保存しないとファイルは作られません。
一時的にファイルを作ったりしたいときや、当初ファイルの保存場所が決まっていないときにこの方法で作ると便利でしょう。これらは操作は違いますが結果は一緒です。

⑤ファイルパネル上で新規ファイルを作成
編集する前に空のファイルが作成・保存されます。ファイルの名前を付け替えるのも簡単です。フォルダも同じようにして作ることができます。ファイルやフォルダの構造を視覚的に確認できるので作りたいものの構成が頭に思い浮かんでいるときは便利でしょう。

最終的にはどんな方法で作ってもファイルを作ることにかわりはありませんが、使っていくとなぜか好みで使いわけたりしたくなってくるのかもしれません。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ