表のはさみこみ

表のことをHTMLの世界ではテーブルとも呼びます。

Dreamweaverでテーブルを扱うときは若干の作法というものがあるようですが、慣れていけばそんな大したことはないでしょう。

それではDreamweaverでテーブルを置く方法です。

まず、テーブルを置きたいところにカーソルを置きます。

挿入パネル-「一般」-「テーブル」ボタンを押します。

テーブルダイアログが出てくるのでそれぞれ項目を入力します。

行はテーブルの行数です。

列はテーブルの列数です

テーブルの幅はテーブル全体の左右方向の大きさです。

ボーダーはテーブルを取り囲む4辺の太さです。

セル内余白はセルの中で文字とセルの境界線とのスペースです。

セル内間隔はセルとセルの間のスペースの幅です。

ヘッダーは項目名です。項目名の所は太字となります。

アクセシビリティでキャプションはテーブルの表題です。

サマリーはテーブルの内容の概要です。

必要なところを設定したらOKでテーブルが作れます。

従来テキストエディタでHTMLタグを入れていたときに比べれば、テーブルの雛形があっという間に作れるようになったのでつくづくDreamweaverって便利だなあと思います。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ